Uber Eats稼働時の雨天時の装備 2021年編

雨天時に使用する僕の装備を紹介致します。

3年間以上Uber Eatsの配達をしていてその中で今のところベストなアイテム達です。

具体的には

スマホの保護問題(水濡れや充電端子に水が入り充電出来なくなるなど) ➡︎ そこそこの防水ケースを使う

 

衣服装備 ➡︎ モンベルの雨具を使おう

 

自転車のブレーキが効かなくなる ➡︎ ディスクブレーキの自転車を使おう

上記の点を説明していきます。

Uber Eats雨稼働時のアイテム 【スマホ編】

雨天時はスマホの端子に水が入って充電が出来なくなってしまったり、端子が濡れた状態で無理に充電を行なってしまうと端末と充電ケーブル両方にダメージを与えてしまう可能性があります。

防水ケース&Quad Lock

僕はQuad Lockというブランドのスマホホルダー・マウントを普段から使ってます。価格はやや高いですが製品の質・安心感・寿命がとても良いです。

クロスバイク・ロードバイクを乗られていてiPhoneユーザーであればとてもおすすめできるアイテムです。

雨の日は使っているiPhone12が防水であるから実際はそのまま使用可能ではあるのですが、雨の水しぶきでUber Eatsのオーダー依頼が来ている時に勝手に押してしまう事があります。

また、Lightning端子部分に水が入るとその後に充電が出来なくなってしまう問題があり、これに関しては雨天時は端子部分をテープで止めて使用・・・という事も行なっていたのですがやや面倒でした。

そこで最近、Quad Lockのマウントを他のケースにも使用可能にするユニバーサルアダプターという製品を購入し、以前から使っていたiPhone12用の防水ケースに使用してみました。

結果は良好で今の所きちんと使用可能です。

▼左がQuad Lockのケース(iPhone12装着)・右が防水ケース・一番右にあるのがユニバーサルアダプター

 

▼ユニバーサルアダプターは3Mの強力なテープが付いてます

 

▼防水ケースに貼った状態

▼防水ケースはタッチ反応良好なので、水を拭き取れば通常操作とほぼ変わらず使用可能です

▼ユニバーサルアダプターを取り付け、水に5分以上漬けておき剥がれないか検証

 

▼ケースをマウントに付けた時の動画

 

Lixada  スマホホルダー

上記の製品と防水スマホケースがあればQuad Lockのマウントがなくても雨天時に快適にスマホを使用可能です。

実際このスタイルで稼働していましたが、Lixadaのスマホホルダーをしっかり固定して使えば防水ケースが落ちる事はありませんでした。

ただやや強めに固定する必要がある為、長くこのスタイルで使っていると防水ケースが変形してケースの閉め具合が劣ってきます。

僕は基本Quad Lockのマウントをロードバイクに付けており、Lixadaのホルダーを取り付け・取り外しするのが面倒になったので最近は使用していないです。

Uber Eats雨稼働時のアイテム 【衣服類】

衣類の雨具は基本モンベルの製品を購入しております。

モンベルは他のアウトギアの製品と比べると価格は安めですが、それでもゴアテックス素材の雨具など購入しようとすると2万円くらいの値段です。

色々と他の安いメーカーの製品も購入して試しましたが、ある程度高くてもモンベル製品の物を購入した方が質が良くて製品が長持ちする事が分かりました。

レイントレッカージャケット【上着】

価格 : 11,810円

防水素材 : ドライテック3レイヤー

重量 : 255g

おすすめはレイントレッカージャケット

余裕があるのであればモンベルの代名詞ともいえる?ストームクルーザーを購入した方が幸せになれると思いますが、大雨時でもレイントレッカーで十分快適にUber Eatsの配達が可能かと思います。

というのも、頻繁に雨天時に使用したり普段から雨具を着用していれば皮脂汚れや汗で雨具の性能が劣化していきます。

一応製品の防水性能を回復させるメンテナンスをすればある程度の機能を回復させる事は可能なのですが、自分の経験からしたらメンテナンスをしてもそこまで回復しませんでした。

これはおそらくですが、頻繁に雨具を使用しているのと自転車稼働である為汗などの汚れが生地に付着したりしてなかなか汚れが取れなくなってしまったからかと思われます。

以上の事を踏まえて、レインウェアは消耗品として考えた方が良いのかなと思いました。

MEMO
といってもモンベルの雨具の良いところは性能が落ちたとしても十分大雨の時に使用可能である事。

確かに購入した時よりかなり性能は落ちていると感じますが、しっかりと着用すれば(特に水が入りやすい袖部分とか)水が入って濡れる事はありません。

ただ撥水性能が落ちると衣服の表面に水が溜まって透湿性能(内側の汗などの蒸気を外に逃す力)が落ちてきたり、外側の生地に水が溜まって生地が重くなってしまいます。

 

これを防ぐためには定期的に洗濯やメンテナンスが必要との事で詳しくはこちらの記事を参考にして頂ければと思います➡︎ ゴアテックスについての記事

サンダーパスパンツ 【ズボン】

価格 : 6,930円

防水素材 : ドライテック3レイヤー

重量 : 242g

自転車用のサイクルレインパンツ(価格2万円くらい)も持っていますが、使用して思ったのはサンダーパスパンツでも十分快適であるという事。

もし購入を検討されているのであれば自転車に乗った時におそらく裾が少し上がってしまうのでそれを計算して少し長めのを購入する事をお勧めします。

モンベルのレインパンツはLサイズでも丈が短いL-Sサイズ、通常のLサイズ、丈が長いL-Lサイズがあります。

以前にバイクに乗っていた時にL-Sサイズのサンダーパスパンツを購入したのですが、バイクに座った時にパンツの袖が上がってしまい靴下部分が隠れず雨天時に濡れてしまう事に気づきました。

下記の写真はL-Sサイズのサンダーパスを着て椅子に座ったら、靴元がどのような状態になるか撮影した写真です。

▼直立した状態。

▼椅子に腰掛けてみる。かなり裾が足りず、これでは雨に濡れてしまう。

▼同じく椅子にて。

自転車もサドルに跨るとやや袖が上がってしまうかと思われるので、もし購入を検討されているのであればその事を踏まえて購入する事をお勧めいたします。

メドー ワークキャップ【レインキャップ】

メドーワークキャップ

価格 : 3,630円

防水素材 : ゴアテックス

モンベルのレインウェアを既に持っている場合は大抵の製品にはフードが付いており、そのフードを使えば頭部分は雨から防ぐ事が出来ます。

ただUber Eatsの配達を雨天時に自転車でする場合はフードをすっぽり被ってしまうと左右後方を確認する時に視野が狭まって危険です。

なのでやはりレインキャップがあればより快適になるかと思います。

このメドーワークキャップは持っておらずこちらのゴアテックスのサイクルキャップを愛用しているのですが、そのうちメドーワークキャップを購入しようと思ってます。

というのも先程のキャップはツバの部分が短いためメガネをしている僕にとって、長いツバのキャップの方が眼メガネに水が付着しにくくなりより快適であると考えているからです。

靴編

もしSPDを使用されている方であればこちらのSPDシューズがお勧めです。

価格が2万円以上しますが雨天時に水が侵入する事がなく冬のライド時も防寒性能があるので快適に過ごせます。

僕も同じ製品を2年以上愛用しており、雨天時はこちらのシューズを使ってます。ただ暑い季節はやや靴の中に暑さを感じますが素材がゴアテックスなので蒸れはそれほど感じず快適に使用できます。

もしフラットペダルを使用されているのであればトライルランニング用の防水シューズが良いかと思います。

以前にコロンビアのセイバー4ミッドアウトドライの旧製品を使用していましたが、そこまで重くなく雨の日も快適に過ごせてました。

SPDについて

2年間以上フラットペダルを使用してふとしたきっかけでSPDを導入しましたが、個人的にはかなりお勧めです。

具体的には

・雨天時のペダル滑りがなくなる

・長い距離を走っても疲れにくい

・ストップ&ゴーが楽になる

上記の点でSPDは良いと思ってます。

SPDに必要なアイテム

・SPDシューズ

・SPDペダル

・クリート

上記のアイテムが必要になりますが、だいたい1万5千円〜くらいあれば揃える事が可能かと思います。

導入時に費用はかかりますが、Uber Eatsの配達を長時間稼働するのであればかなり楽になりますし、ロードバイクだけではなくクロスバイクに乗られている方も導入できます。

SPDシューズはクリート(金具部分)が歩いても干渉しないような靴を選ぶ事をお勧めいたします。

シマノ(SHIMANO) SPDロード用ペダル PD-ED500 EPDED500

シマノ(SHIMANO) SPDロード用ペダル PD-ED500 EPDED500

4,523円(10/27 16:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

Uber Eats雨稼働時のアイテム 【自転車編】

油圧式のディスクブレーキのロードバイクを使って稼働しておりますが、これからクロスバイク・ロードバイクを検討されていてどのタイプにするか迷われいてるのであれば油圧式ディスクブレーキをお勧めします。

2年以上リムブレーキのロードバイクを使用してから油圧式ディスクブレーキモデルのロードバイクを購入しましたが、晴天・雨天時両方ともロードバイクでの稼働が快適になりました。

というのも油圧式ディスクブレーキは少ない力で楽にピタッと止まる事が出来ます。

特に長時間稼働される方であれば油圧式ディスクブレーキの自転車を使う事によってかなり稼働が楽になるかと思います。

油圧式のロードバイクであればkhodaa bloomというブランドがおすすめ。クロスバイクであれば個人的にはGiantのESCAPE RX DISCかな。

まとめ

数年Uber Eatsの配達をして思った事は、稼働用のアイテムは価格が高くても長く使えて質の良い物を購入した方が良いという事。

特にモンベル製品はコスパが良くて長く使用出来るのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です