雨天時稼働のスマホ防水対策がゴリラテープで完結したかも・・・・

雨天時の配達って携帯の端子濡れて充電出来なくなるんだよな・・・

こんな悩みありませんか?

僕も今まで色々な防水ケースを試しては来たのですが、問題なのが充電時。

いくらケースが防水完璧でも充電する時はケーブルや端子が少しむき出しになってしまい、そこが雨で濡れるとしばらく充電が出来なくなる事が多々ありました。

そんな問題をゴリラテープが解決してくれ他ので今回はその方法をお伝え致します。

雨天時の配達時にはゴリラテープだ!

上記の製品がゴリラテープです。僕はホームセンターでとりあえず2mのものを1000円くらいで購入しました。

ゴリラテープとは
このテープ何かというと強力多用途補修テープでして、防水性が強く水中でも貼れるとの事です。ゴリラテープの製品情報

でこれをどうするかというと下記の写真のように・・・

はい、こんな感じでテープで巻いてスマホとピタッと密着させて端子の部分のテープ同士くっつけて終わりです。

この状態で雨天時に使用してみましたがLightning端子・ケーブル部分に水が侵入する事なくずっと充電する事が可能でした。

僕はiPhone 11を使用しておりケースはQuad Lockというスマホホルダーを使用しております。

ケースをつけたままゴリラテープをLightning端子付近に巻きつけ&なるべく隙間をなくして雨水が入ってこないようにテープを圧迫させてまして、ケースの固定・脱着機能は特に損なわなくもちろん使用できております。

◆下記の製品が僕が愛用しているQuad Lock。ケースが頑丈でありかつスマホの脱着システムが簡易であるため重宝しているアイテム。

実際にシャワーで試してみたら・・・

実際にスマホのケーブル・端子部分にゴリラテープを貼ってシャワーをかけてみました。

結果・・・・5分くらいで水濡れが検出され充電不可能になりました。

とまあ思った結果と違いましたがシャワーだと通常の雨よりもかなり水圧があり、かつ今回はそこまでテープを貼りつける時にしっかりと用心して貼り付けてなかったのです。

なのでよほど強い雨でなければ長時間使用可能なのではないかなと思います。

実際に最近の雨天時もゴリラテープを貼り付けて充電しっぱなしのスタイルでUber Eatsの配達をしましたが、その時は特に充電不可能な状態にはなりませんでした。

まとめ

雨天時は充電する時に気をつけないと肝心のスマホが濡れて、充電出来ずに配達が出来なくなってしまう事って結構経験あるのでは無いかなと思います。

今回からはこのゴリラテープスタイルで雨天時は配達したいと思います。難点としては、ゴリラテープ、少し高いんですよね。もし、同じようなクオリティで安価なテープがあれば教えて頂けると嬉しいです。

それでは安全で楽しい配達LIFEを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です