Uber Eats雨稼働時の最強スマホ装備完成!!




雨の稼働時で一番困るのが使っているiPhoneの端子が雨で濡れて充電出来なくなる事・・・

そんな悩みを長年抱えていましたが今回購入した防水ケースとスマホホルダーで・・・

・しっかりした防水ケースの為、雨天事に端末に水が入らない

 

・やや太めのケースでも購入したスマホホルダーで端末をしっかり固定できる

 

・雨がかなり降っていてもケースのタッチ精度が良い為、しっかり液晶が反応する

ざっと上記の点が解消しました。

購入したもの

普段は皆さんに大人気のTiakiaのスマホホルダーを使っています。

ただこちらのホルダーにはiPhone11の防水ケースをつけるとフィットせずにガチッと掴めないんですよね・・・なので万力?でホールドするタイプのホルダーを別途購入しました。

Lixadaのスマホホルダー

Tiakiaのホルダーも良いのですが、こちらも良いです!!!

何が良いかというと二つとも端末が落ちる様子がなく安心して使える事。ただどちらかというとTiakiaの方が安心感はあるかな・・・・

なのでLixadaのホルダーを使う時は雨の時オンリーにしています。また購入した防水ケースにはストラップが付いている為、それをハンドル付近の出っぱりに引っ掛けておいて安全紐として使っています。

防水ケース(iPhone11用)

こちらは値段の割にしっかりしております。防水性能も十分でありますし、Lightning端子部分はカバーがあるので雨天事はカバーを閉じれば水が入ってきません。

▼動画でスマホホルダーの使い勝手を簡易説明

カバーつけていてもそのまま電話出来ちゃいます。

驚いた事にケースつけていても電話の受け答えができます。簡易防水ケースの場合、電話で連絡をする必要がある時にBluetoothのイヤホンなどがなければかなり不便ですが、こちらはそのまま電話出来ます。

液晶パネルのタッチも良好

タッチパネルの感度がとても良いので雨天以外でも使えちゃいます。少しゴツくなりますが・・・

ただその分もし落としたとしてもケースに守られている為傷はつかないと思います。

あ、雨天事に水がケースの液晶保護部分に溜まると反応が鈍くなります。まあそれは水を拭けば良いですからネ。

雨天事に充電しながらでも平気?

防水ケースにはiPhoneの充電端子部分のところにカバーがあり、開け閉め出来ます。

ケースをつけた状態で上向きにしない限り、雨天事に充電しながら稼働しても恐らく濡れたりしないんじゃないかな・・・・

何度か試したけど濡れて充電出来なくなった事はありません。

今後の課題:PD充電可能なモバイルバッテリーが欲しいところ

せっかく使用しているiPhone11がUSB PD(Power Delivery:0%の状態から50%くらいまでを30分くらいで充電出来ちゃうみたいです)に対応しているのでこの機能を使いたいところ。

というのも雨天事の稼働時に充電が少なくなってなかなか充電出来ない状態が続いたら少し不安ですもんね・・・・稼働中に充電切れなんか起こしたくないし。

そんな時にPD対応のモバイルバッテリー持ってればかなり心強いと思う次第でございます。

▼買うとしたらやっぱりアンカーですね♩

あ、でもあれか。そうしたらUSB-C -Lighningケーブルを揃える必要があるのか。

※PD充電を利用する場合はUSB-C -Lighningケーブルが必要です。

まとめ

雨天事に携帯の端子が濡れて充電出来なくなるのは本当にストレスですよね。

なのでここは雨天事の服装と同じくらいしっかり準備した方がよろしいかと思います。

ああ、PD対応のモバイルバッテリー欲しいな・・・・もっと前から購入しておけばよかった。まあそのうち買おうかと思います。

それでは!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です