【Uber Eats 配達】ロードバイクのキャリアに付けていたフィックスキャッチをメッシュパネルに変えてみて0,8kg軽量化してみた




キャリアに取り付けていたフィックスキャッチが少し重たかったのである程度強度のあるメッシュパネルを購入してキャリアに載せ替えてみました。

感想としては

・約0,8kgの軽量化に成功。漕ぎ出しが・坂道がより軽くなったしロードバイクに乗ってて楽しくなった。

 

・強度もあるし(恐らく)フィックスキャッチじゃなくても良かったではないか・・・・と思った。

 

・バッグの固定力も心配する事はなさそう

・・・・といったところでしょうか。

▼ざっくりと動画も撮ったのでよろしければ見てね

メッシュパネル時に用意したアイテム

用意したのは

・メッシュパネル

・結束バンド

・バッグを固定するロープなど

写真にある通りですね。合計金額2000円以下。

ただロープは長すぎたので後から90cmくらいのロープを再度購入しました。

購入したメッシュパネル

WAKI メッシュパネル 白 300×450mm EMP031

WAKI メッシュパネル 白 300×450mm EMP031

1,037円(10/21 14:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

重さは計測したところ約600g。フィックスキャッチが1,4kgくらいあるので800g軽量化できました。

ただフィックスキャッチってすごい頑丈なので買い物時にすごい重宝するんですよね・・・・。

10kgくらいのもの積んでもあまり心配はしなかったけど、メッシュパネルにしたら買い物時に仮にキャリアに詰むときは比較的重量がある水などは買えなくなっちゃうなぁ。

 

300mm×450mmはフィックスキャッチの寸歩とほぼ同じ

写真を見て頂ければわかると思うのですが、メッシュパネルの寸歩はフィックスキャッチとほぼ同じです。

結束バンド

ホームセンターで200円以下で販売しているのを購入しました。

結束バンドでメッシュパネルをキャリアに固定し、試しに走行・配達してみたら

「あれ、これ取り付け金具いらないやーつじゃないかな・・・金具付けたら重くなるし・・・・」

と思い、同じようにメッシュパネルを取り付けている方にTwiterで聞いてみたところ結束バンドで強度は問題ないとの事だった為、僕もそうしました。

バッグを固定するロープ等

フィックスキャッチを使用していた時は上記のストラップだけで固定しておりました。(長さは上記のものと違うと思いますが、製品は同じの使ってます。)

というのもフィックスキャッチに使用しているバッグを入れればその時点でほぼ固定され、あまりロープなどで固定する意味がなかったのです。なので、保険として一応ロープで固定しておりました。

今回のメッシュパネルはもちろん平らである為、紐やロープなどで固定する必要があります。

・・・・・と思うんですが、案外バッグに付いているバックルだけで恐らく普通に走行できてしまうかと思います(というのもバッグのバックルだけで固定している人ちらほら見るので。あとキャリアに固定できるバックルが付いているバッグ限定ですが)

僕は万が一の為に、ロープを2つ使い縦・横方向で固定しております。

お店に料理をピックしに行く時は、少量での品数であれば手ぶらで取りに行き、バッグを取り付けているロードバイクに戻ってからバッグにしまいます。

また、料理は大バッグの中の自前保温・保冷バッグに入れるので横幅があるピザとか料理の大量案件でない限り、バッグは固定したままです。

▼この2つのバッグを使っています

 

バックルを4点で固定していればしっかりとバッグが固定されているので以前使っていたフィックスキャッチと使用感は変わらず、軽量になったという感じでしょうか。

▼バックルを使ってメッシュに留める様子など

まとめ

今までずっとフィックスキャッチを使っていた理由としてはバッグがしっかり固定され万が一バッグが自転車から落ちる心配ほぼなし!!という理由で使っていましたが、今回のメッシュパネルの取り替えでも十分稼働出来る事が分かりました。

特にストップからの漕ぎ出しが軽くなったかな・・・・これを期にちゃんと稼働しようかな。それではまた!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です